切迫早産、3人目の場合:39週2日、無事出産しました!


スポンサーリンク

切迫早産を乗り越え、迎えた正期産。

切迫早産あるあるの、思いのほか待っても待っても生まれない!という状態に突入しながらも、まぁこんなものだろうと「動ける」妊婦生活を満喫していました。

そして迎えた39週2日の検診、子宮口6cmというこれまた「私あるある」の状態に加え、羊水量が減り始めている、という所見。誘発分娩が決定しそのまま入院、即日出産となりました。

促進剤の効果が出るまでは2時間、陣痛がついてからの分娩時間はあいかわらずの1時間(!)。本陣痛がついてからはやはり早かったです。出産1時間前までは、おにぎりを頬張って助産師さんとおしゃべりをしていたくらい。スピード出産&出血量も少なく安産でした。

 

1人目は子宮頚管1.4cmで緊急入院からのウテメリン点滴生活、38週0日に出産。

2人目は子宮頚管最短で2.7cm、自宅安静を経て予定日越えで出産。

3人目は子宮頚管が3cm以上をキープ、相変わらずの張りの多さで自宅安静、39週出産。

この流れを見るとやはり、早くから切迫早産の可能性を警戒し、兆候を見逃さずに早めに安静生活に入ったことが、入院に至らずに済んだ最大の要因かと思います。

3人目はそれに加え、ストレスと疲れを溜めない、という方針だったので、それもプラスに働いたと思っています。

 

切迫早産と言われたけれど、実際には早くは産まれなかった。そしたら(ありえないけれど)4人目となったら、切迫早産になっても安静にしなくても大丈夫か。

そう言うと答えはNOで、妊娠出産は何があるか分からない。切迫早産になりやすい体質な以上、やはりよく注意して、産院の先生の言葉を守って、お腹の子供を守る努力をする必要があると思います。

 

とにかく、ここまで来られて良かったです。3人目は、可愛い女の子でした。話には聞いていたけれど、余裕があるからかただ可愛くて可愛くて仕方がないです。貴重な新生児期、胸いっぱいに味わいたいと思います。

 

関連記事:

aoikame.hatenablog.com

aoikame.hatenablog.com

aoikame.hatenablog.com