切迫早産、3人目の場合:32週3日、安静生活に突入しました


スポンサーリンク

絶対安静手前、やんわり安静生活に入りました。

 

今日の検診。

先生の診察の前の子宮底長や心拍の測定のとき、お腹の張りを細かく確認され。あぁ警戒されているな、と。というか今日の予約がそもそも、「大病院の予約が取りやすいから」という理由で指定された日程。でも大丈夫そうだけどな、と相変わらず甘めな認識で診察に臨みました。

とはいえ、お腹の張りは横になっていても1時間に4回くらいはあり、普通の生活も限界なのは分かってはいたのですが…。

さて、内診。子宮頸管は35mmで、問題無し。ただし赤ちゃんが降りてきはじめている、とのことで、久々の触診。経産婦ですが、うわっとなりました。

赤ちゃんの降り具合は、お産開始地点を0、この週数で平均的な位置を3とすると、2くらいとのこと。初産婦であれば様子を見るところだけれど、今までの実績が評価されてしまい、安静にしましょう、ということになりました。

 

ウテメリン内服開始:1日3錠

家事は可、外出は最小限、ということで1人目を幼稚園に送るのは主人にバトンタッチ

2人目は週2日一時保育に預ける

空き時間は極力横になる

 

 関連記事:

aoikame.hatenablog.com