1ヶ月検診のち、切迫早産と2人目妊娠のタイミングについて考察しました


スポンサーリンク

2日前、1ヶ月検診がありました。

母子ともに健康、娘の体重の伸びも順調。

ありがたいことです。

 

先生とお話ししたときに、気になっていたことをたずねてみました。

「1人目で切迫早産、2人目でもやはり切迫早産。けれども予定日超えで子宮口が開きすぎて促進剤。次回、3人目があるとしたら気をつけることは何ですか?」

 

先生の回答はやはり、「切迫早産になる可能性はかなり高いから、妊娠中期に入った頃から無理のない生活をするように」とのことでした。

ですよね。

 

1人目で切迫早産だったからといって、2人目のときもなるとは限らない。

仕事や年齢、環境的に、数年開けるのが難しいことも多々あります。

1人目が大きくなって態勢は万全!と思ったら、2人目が授からない可能性もある。

 

なので、私は2歳差で下の子を妊娠しました。

 

ですがやはり、2歳差はなかなか厳しかったです。

上の子を一瞬でも抱き上げるたび、「切迫早産に近づいたのではないか」と思ってしまう妊娠生活。

実際に切迫早産と診断されてからはもちろん、上の子と満足に遊んであげることもできません。

 

信頼している助産師さんからの、「3人目を考えるなら、できれば4年くらいあけた方がいい」という言葉も、すんなり受け入れることができました。

(信頼関係があったからの発言だったし、だからこそ反発する気なんてみじんもありませんでした)

 

とは言え、子どもはやはり授かり物。

親が完全にコントロールできる、なんて思うものではないと思います。

結局できることは、与えられた条件、環境のもとで、いかに自分たち家族が健康に幸せに過ごせるか考えて実践すること、に尽きるのではないでしょうか。

 

家族4人が健康に今暮らせていることを感謝して、このブログを(とりあえず)締めくくろうと思います。