会陰切開なしでの出産:2人共無傷で産んだ私が考える大切なポイント


スポンサーリンク

出産が近づいてくると、怖かったり、不安に感じることが出てくると思います。

 

例えば、陣痛。

どのくらい痛いのか、何時間かかるのか、問題なく出産することができるのか。

そして、出産時にできれば避けたいものに、「会陰切開」があると思います。

 

とは言え、1人目(初産)の場合、会陰切開をすることがほとんどのよう。

むしろ、会陰切開なしで裂けてしまうくらいなら、会陰切開の方が痛みも少なく、傷の治りも早いようです。

また、2人目以降でも、出産にかかる時間が短すぎて裂けてしまった、という話も聞きます。

 

ここで、1人目で会陰切開なし、2人目も1時間以下のスピード出産だった私が考える、無傷で産むためのポイントです。

それは、

 

「できるだけ冷静を保ち、先生や助産師さんの指示に従うこと」

 

です。

 

「今はいきみを逃して下さい」「あごを引いて」「目を閉じないで」など、陣痛の痛みの最中で言われても、そんなの無理!となってしまいがち。

ですが、お産の進み具合を見て、今必要な指示が出されています。

確かに陣痛は痛いです。

いきみを逃すのは辛いです。

ですが、痛みに理性を飛ばさずに指示通りにすることで、産後の生活が全く変わってきます。

 

もちろん、子宮口が全開になっても頭が通らず、会陰切開や吸引分娩、帝王切開などになる可能性は充分にありますが…。

でも、「できるだけ冷静を保ち、先生や助産師さんの指示に従うこと」は、確実に出産をスムーズに、また出産後の生活を快適にするために有効です。

 

あと、出産前に、できるだけ体力を温存すること。

陣痛にかかる時間は、事前には読めません。

いざ産む時に、いきむ力が残されていなくて苦労する、ということもよくあることのよう。

陣痛がいつ来ても良い様に、普段から「これが最後の睡眠かも」と思って、きちんと休んでおくことが大切です。

疲れていると、指示になんて従えなくなってきますしね…。

 

最後に、呼吸法を意識する。

呼吸をきちんとしようと意識することで、痛みが薄らいで感じます。

これも根本的には同じ、冷静を保つことが重要です。

 

もちろん、体質的なことや赤ちゃんの大きさなど、会陰切開をするのがベストな場合も多くあります。

必要な処置なら受け入れる必要があります。

ですが、出産になったら「きちんと指示に従う」こと、とてもおすすめです。

どうやっても最終的には産まれますが、先生も、助産師さんも、プロですからね。