切迫早産、2人目の場合:40週1日、促進剤でスピード出産


スポンサーリンク

数日遅れてしまいましたが、40週1日に、無事出産することができました!

 

39週の最後に促進剤を使ったところ陣痛がつかず帰宅することになったので、このまま自然に陣痛を待つのかなぁと思っていました。

 

ところが、40週1日に検診に行ったところ、子宮口はまさかの6cmに。

 

経産婦である

 

子宮口6cmでかなり柔らかい

 

前回促進剤が効かなかったとはいえ、帰せないよね、ということで、2度目の入院と促進剤の使用が決まりました。

病室に入ったのが、朝の9:30。

 

準備やら何やらのために11:00頃まで待つことに。

なので実家の母に連れてきてもらった息子と、院内の散歩をしたりして待ちました。

もう何かあっても大丈夫だろうと、抱っこして窓の外の車を見せたり、歌を歌ったり。

そんなうちに部屋に連れ戻され、NST(モニター)を装着。

 

11:30、促進剤の点滴を開始。

12:00、食事のち、ウトウト。前駆陣痛あり。

13:10、内診、子宮口6cmから変化なし。

13:15、内診が刺激になり、いきなり陣痛開始。この張りから陣痛になった、とはっきり分かるくらい、痛みが違いました。4分間隔くらい。

13:35、子宮口8cm、分娩台へ

14:10、出産!

14:15、胎盤も出て、終了。

 

分娩時間は、(有効な)陣痛開始から胎盤の摘出までで計算されるそうで、私の場合、

 

母子手帳上の分娩時間=55分

 

だそうです。

早… 笑

 

やはり、

 

経産婦で、

子宮口が6cm開いていて、

促進剤使用で、

お腹が張りやすい体質。

 

始まったら早いものですね。

とはいえ、その条件から考えても早めだそうです。

 

とにかく、無事、墜落産にもならず、陣痛がつかずに帝王切開にもならず、出産できて恵まれていました。

 

2975グラムの女の子です。