切迫早産、2人目の場合:39週3日、検診と墜落産の可能性と入院日決定


スポンサーリンク

 

39週3日、検診に行ってきました。

 

夫の出張が目前に迫っているものの、促進剤などは使わない方針で行こうと夫と決めて出かけたのですが…。

  • 子宮口の開きは3.5cmで、まわりはかなり柔らかくて薄め
  • 経産婦である
  • 一人目出産は10時間
  • 切迫早産だった

などなど総合的に見て、2日後の39週5日、入院する準備をして来て下さい、と言われました。

 

…!!

 

促進剤を使うんですか、と聞くと、子宮口が更に開いたかどうか、張りの程度はどうか、などから判断するとのことで、その日出産になるかはその場にならないと分からないそうです。

うーん。。

とりあえず、産む気で行くしかないですね。

 

普段なら内診の後、会計を済ませて終了なのですが、今日は助産師の方と個室に移動し、墜落産の危険性や対処についてレクチャーを受けてしまいました(笑)

  • 生理痛以上の痛みになったら即産院へ来るように
  • 何かいつもと違うと思ってもすぐに来ること
  • 産まれてしまったら乾いたバスタオルでくるむこと
  • 赤ちゃんは胸の位置で抱いて、できれば座っていること
  • 最悪、赤ちゃんの蘇生が必要だったり、送り先が違うため、救急車を2台呼ぶように

だそうです。

なんだか…それって大事じゃん!

 

ときどき自宅で産まれてしまう場合があるようで、その可能性がある人に危機意識を持ってもらう必要があるのだろうと思います。

そして、私の通っている産院は、わりと慎重派な産院だと思います。

それでも、万が一の場合の対処法を聞いておけてよかったです。

 

破水や陣痛など何もなければ、2日後の金曜日、入院になる可能性が高いです。

つまり、下の子の誕生日になる、というわけです。

 

果たしてどうなるのか。

いよいよ、な気がしています。