切迫早産、2人目の場合:38週3日、これっておしるし?


スポンサーリンク

 

38週3日。

 

なかなか産まれないなぁ、と思う余裕が出てきたので、お散歩の時間を増やしてみました。

今までは、お腹が張らないようにゆっくり歩くことが多かったのですが、普通のスピードで歩いたり、どちらかというと早足で歩いてみたり。

 

あと、気になっていたカーテンの洗濯もしました。

この年末はきっと、大掃除どころではないと思うので…。

カーテンレールからカーテンを外すなんて動作、切迫早産に警戒をしていた頃ならあり得ないですよね。

そんなことにも、あぁ、もう産まれていい時期まで来ることができたんだな、としみじみ実感。

 

お風呂も、腰を屈めてゴシゴシ掃除。

 

1ヶ月前の自分に見せてあげたいです(笑)

 

そんなふうに過ごしていたら、何だか違和感が。

チェックしてみると、ほんの少し、出血がありました。

これって、おしるし…?

ただ、ほんの少し、です。

 

前回はおしるしもなく、子宮口も事前には全く開かず、といった状態での高位破水から始まりました。

なので今回のような、子宮口開いてくる→おしるし(疑惑)という正統派な順序を踏まれると、なんだか不思議な気持ちになります。

 

とは言っても、なんだか産まれそうな気がしていた、10月27日の満月(昨日)を何事もなく通過したので、なんだかまだまだ産まれなさそうな気がなんだかしているんですよね…。

どうなることやら。

 

ドキドキしながら、その日を待ち構えているところです。