切迫早産、2人目の場合:36週3日、心の準備ができていないことにようやく気づく


スポンサーリンク

 

 

無事36週を迎え、そして夢見た37週ももう目前。

 

ここに来て、気がつきました。

 

それは、「出産への心の準備が全くできていないこと」です。

 

1人目のときは、産院から大学病院まで救急車で運ばれたり、「この張りなら、痛みがついたら産まれます」と言われたり、急ではあったものの「出産になる可能性」を常に考えていました。

 

aoikame.hatenablog.com

 

その分当然、かなりのストレスを感じていましたが、出産への心の準備は半強制的にさせられていた気がします。

 

それが今回は、本当にはやく産まれてしまうかも、という恐怖を味わったのは、1度だけ。

 

aoikame.hatenablog.com

 

それ以降は落ち着いて自宅安静をできていたことから、「36週を迎えれば自由になれる」というような甘い気持ちがどこかしらあった気がします。

 

そう、36週が目標だったんです。

なので、36週を無事迎え、少しずつ動けるようになった今。

37週にはここに出かけよう、なんて思っている今。

 

出産、覚悟が全然できていません…。

 

まぁ、お腹はもうパンパンに膨らんでいますし、もうタイミングが来たら頑張って出すだけなのですが。

そういった意味で、覚悟はできてはいるかもしれませんが。

 

陣痛ってそういえば痛かったなー。

経産婦だし、切迫早産体質だし、もしかしてお産はどんどん進むのかな…。

出産ってやっぱり不安ですね。

不安だって感じること、忘れてましたよ(笑)

 

前回どうして、36週を迎えた退院後、あんなに心穏やかに過ごせたのか。

不思議です。

やっぱり、自宅安静で済んだことは、「切迫早産の本当のストレス」を感じずに過ごせたんだな、恵まれていたんだな、と感じています。