自宅安静を楽しく過ごすために、“あえて忙しくする”ことをおすすめします


スポンサーリンク

 

 

 切迫早産で自宅安静、はじめこそ「どうなることか」と色々なことを調べたり、不安になったりしますが、安静生活が続き症状も安定していると、正直「ヒマだな、退屈だな」と感じ始める人もいるのではないでしょうか。

私はそうです。

 

薬の副作用で動悸はするし、飲んで少しするとなんとなく手元もおぼつないし、それでも毎日毎日横になっていると、することがなくなります。

毎日が間延びするし、集中力も低下気味。

しかも2人目、2回目の切迫早産なので、図太さも増した気がしています。

 

 

そこであえて、「あえて忙しくする」ことを提案しようと思います。

 

まず、カレンダーかスケジュール帳を準備。

もちろん、i phone上でもいいです。

そこに、34週0日とか、36週0日とか、37週0日とか、目標になる日を書き込みます。

次に、安静中にでもできそうな、やりたいことを書き込んでいきます。小さなことでいいです。

 

月曜日:DVDを5本レンタル(私は楽天レンタルに手を出しました)

火曜日:新生児用肌着を注文、ベビー服でかわいいブランドを5つ見つける

水曜日:雑誌◯◯の発売日、注文

木曜日:DVDで◯◯を観る、生協の注文、雑誌が届いたら読む

金曜日:検診、今週の出費をまとめる

 

みたいなかんじです。

 

一つ一つ大して時間のかかることではなくても、何となく手をつけて何となく毎日過ごすより、ちゃんとスケジュールをこなしていっているかんじがする方が、楽しい気分になりませんか? キャリアウーマン的な(笑)

あほなこと言ってごめんなさい。。

 

でも、少なくとも、私はこうしてスケジュールを立てる方が楽しく過ごせます。

今日も一日横になっていたけれど、やることはやったのよ、と妙な満足感も味わえます。

単純ですね私。

 

あと、36週以降、37週以降のスケジュールを書き込み始めると、それはもうかなり楽しいです。

髪を切りにいくなら37週のあたまだな、とか、久しぶりに外出するなら近所のこのカフェがちょうどいいな、とか。

36週だったら、家の中でここの整理をしたいな、とか。

夢が膨らみます。

 

ちなみに、38週以降は完全に妄想です。

その前に生まれるんじゃないかな、と思っているので、38週以降のスケジュールはオマケのような感覚で入れています。

 

 

なんだかおままごとみたいですが、ヒマを持て余している方、ぜひ、一緒に「忙しいフリ」をしてみませんか。