切迫早産の経過、2人目の場合:妊娠29週 ついに自宅安静に


スポンサーリンク

 

 

妊娠29週、正直、今回はあやしいな、と思いながら検診を受けました。

やはり、子宮頚管が27mmになっていました。

まだ妊娠8ヶ月。

ここではっきりと切迫早産との診断が下り、自宅にて絶対安静をするように、とのこと。

幸い、子宮口に問題はないようです。

これは、前回と同じ。

ただし、赤ちゃんが降りてきたりはしていないようで、トコちゃんベルトの効果かもしれません。

 

事前に心の準備とシュミレーション(?)はしていたので、先生にその場で診断書を書いていただき、帰宅後、区の窓口に電話しました。

翌日、急遽休みをとってもらった夫に区役所まで行ってもらい、空きのあった区立保育園の申し込みと、後日の面談日の調整などをしてもらいました。

 

保育園入園まで3日あったので、1日半手続きを含めて夫に休みをとってもらい、1日は実家の母に助けにきてもらいました。

 

 

子宮頚管長:27mm

お腹の張り:1時間に2〜4回

安静の度合:自宅にて絶対安静

処置:ウテメリン1日4錠