切迫早産対策、2人目で実践したこと:とこちゃんベルト2(骨盤ベルト)で予防する


スポンサーリンク

 

 

前回の反省点として、骨盤ベルトをきちんと締めていなかったことがありました。

 

骨盤ベルトをしていれば大丈夫、というほど甘いものではないのは当然ですが、前回赤ちゃんが臨月並みに下がってきていることから切迫早産が判明したことを考えると、きちんと締めておく価値はあります。

 

使ったのは、とこちゃんベルト2。

 

↑  私が買ったのはこれとは別のショップの、他にもいろいろついたセットでした。セットによくついている産後ケアベルトは結局使わず手放すことになったので、産院で必要と言わなければ必要ないと思います。反対に、アンダー腹巻きは必須なので、この組み合わせがベストかと。探せばいろんなお店にあると思います。

 

トコちゃんベルトは骨盤ケア用のサポートベルトで、妊娠中・産後に使用するベルトとして最も有名なものです。 トコちゃんベルトの1と2がありますが、妊婦さんが使うのは2のことが多いよう。 骨盤を支える方向が違うのだとか。

「妊娠中の骨盤関節のゆるみを防ぎ、産後の骨盤関節のゆるみの回復を促進させます。骨盤を前から後ろに支えるベルトで、お尻側に寄せます。お尻の痛みや腰痛、産後の大尻、O脚の軽減に。」 と、公式HPに紹介されています。

緩んでいる骨盤をキュッと寄せて支えてくれるので、お腹が大きく重くなってきても、子宮の位置を正しい位置に留める効果もあるようです。 息子のときの産院でも販売していたし、今回の産院でもお勧めされていました。

 

実際、まじめにとこちゃんベルトを締めていると、ベルトの締まる位置の変化から、きちんと骨盤が固定されていることが分かります。

前回の妊娠時と比べて、骨盤がやや小さく締まっているようです。

 

また、お腹が大きくなってくると、ベルトを締めることで動いた時の疲れが全く違います。

トコちゃんベルト、2人目妊娠時のよきパートナーとなってくれました。