切迫早産対策、2人目で実践したこと:事前に周囲に相談する


スポンサーリンク

 

 

産院の先生いわく、1人目で切迫早産を経験した場合、2人目でも切迫早産になる確率は4割、とのこと。

 

それって、感染症とかの人も入っているだろうから、そういった外的要因がない私はかなりの確率になるのでは…?と予想。

 

しかも今回は、一日に数時間外に出ないと荒れ狂う怪獣(1歳男児)がいる。

これは、今回も切迫早産になる確率が高い、と予想しました。

 

そこで、目標は、

 

1 できるだけ切迫早産にならないよう安静に過ごす

2 切迫早産の兆候を見逃さないようにし、早期発見できるようにする

3 切迫早産になってしまった場合、できるだけ自宅安静で乗り切れるようにする

 

この3つとしました。

 

そのためには、周囲への事前の根回しが必要。

 

まず、夫(活動的で旅行好き)には、今回は安定期でも旅行や引っ越し、遠出はしたくないことを伝えました。

また、実家には、何かのときには週に1日ほど助けにきてもらう可能性があること、を伝え、よろしくお願いしますと頭を下げました。

義実家は遠方なのですが、夫の長期不在の際など頼ることがあるかもしれない、と夫を通してお願いをしておきました。